2017年04月15日

5年5か月ぶりの89式プチ改造

さて、5年5か月ぶりに89式のプチ改造です。


やるのはダミーボルトの加工です。
過去にやった事への追加加工程度です。

ノーマルではこの位置


5年前でこの位置


でした。

当時はこの部分が気になっていました。



なので今回、このほんのちょっと分加工します。

まずはお約束のレシーバーの突起除去です。 ※古い写真使ってます。



このままだ5年前と変わりません。

微妙に干渉するのが原因でした。

干渉していたのはこの子

この子の裏の干渉部分を少し削ります。

すると後退量を稼げました。



あとは組み上げて

出来上がりです。

加工難易度はかなり低いです。


本当ならばダストカバーも加工すれば本当の意味でのフルストロークが出来上がります。

動画でフルストローク加工を紹介している方がいらっしゃいました。


もし機会があればやってみようと思います。

それではそれでは・・・





同じカテゴリー(89式小銃)の記事画像
続 GBB 89式 ホップパッキン交換 テスト編
GBB 89式 ホップパッキン交換
続 GBB 89式弾倉
GBB 89式弾倉
GBB89式小銃 30mテスト
89式小銃固定銃床 後部配線化
同じカテゴリー(89式小銃)の記事
 続 GBB 89式 ホップパッキン交換 テスト編 (2018-07-27 23:02)
 GBB 89式 ホップパッキン交換 (2018-07-23 00:41)
 続 GBB 89式弾倉 (2018-07-18 00:36)
 GBB 89式弾倉 (2018-07-11 02:23)
 GBB89式小銃 30mテスト (2018-07-09 00:04)
 89式小銃固定銃床 後部配線化 (2016-10-02 13:02)

Posted by B・ヤン  at 11:31 │Comments(0)89式小銃

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。