2017年12月06日

東京マルイ GBB G18Cにマイクロプロサイトをマウントしました。


っと言事で実はいくつかのルートで
加工さえすれば、マルイの純正グロック用マウントを使用してG18Cにマイクロプロサイトをマウントできる!
っと伺っておりましたので自分もやってみました。
マウント1個余っていますしね。

今回は余っているAタイプマウントを使用します。

あと良ければ先の2つの記事も参考までに見ていただけると嬉しいです。
購入時
製造誤差比較




とりあえず作業を開始します。まずはG18Cの純正リアサイトを外します。
スライド後部の裏についているネジを外すだけです。

外したらまずは比較しましょう

左からG18C、KJG19、マルイマウントです。


厚さに関しましては問題ありません。

ですがG18Cは切り替え軸の関係もあるのでちょっとだけ斜めにカットされている部分があります。

ここも必ず参考にしましょう。


では加工を始めます・・・っと言ってもただ削るだけなんですけどね・・・

まずは長さを調べましょう。
G18Cは3mm
G17~G34用マウント基部は5mmあります。

まずはここを削りましょう。

マスキング貼っている部分を残すように削ります。
棒ヤスリなどですと2mm削るのにそれなりに時間がかかりますが
ベンチグラインダーやフライス盤などを使用すればすぐにできます。


高さを削ったら次は斜めです


一応削ったら地金が出ます。
表面処理しておきたい方は何か塗っておいたりすると良いでしょう。

削ったら仮組します。問題なければあとは通常のグロック同様に載せます


マウント固定用のネジには必ずネジロック材など塗っておきましょう。
純正G18Cスライドに載せるのは本当に楽です。
KJの様に多少マウントベース裏とか削らなくてもいいので。

っと言事で完成デス。


特に難易度が高い訳ではありませんが加工と処理さえすれば使用可能です。
搭載後の試射もしましたが特に問題はありませんでした。



あとは本当に・・・耐久テストだけなんですが

他にもいろいろ作業がありまして・・・


とりあえず今日はこの辺で







Posted by B・ヤン  at 00:38 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。