2018年10月27日

ohhunt MC-Z 4.5-18X44 FFP

そろそろ、アウトドアシーズンの終了が迫っていますが
今回はスコープのレビューをしたいと思います。

今回ご紹介するのは
ohhunt MC-Z 4.5-18X44 FFP



製造会社は中国との事です。Twitterにもアカウントがありました。


今回はAmazonで購入しました。
↓ ↓ ↓
WINFREE88 ライフルスコープ MC-Z 4.5-18x44 FFP 最初の焦点面 可変ズーム 20mmレール サイド視差 Z1000ガラスエッチ... http://www.amazon.co.jp/dp/B07H71V9YB/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_eS-0Bb4G25X7W


国外ですがAmazonのマーケットでしたのでとりあえずポチっとしてみました。
到着までは2週間ちょっと
途中で追跡できなくなった時は焦りましたが、気が付いたら届きました。
Amazonですが通常配送の場合は2週間くらいは様子見って感じで買った方が良いと思います。


それではレビュー

全長 348mm(オプション無しで)
重量 620g(オプション無しで)
 防水/防塵/防水
対物レンズ 44mm
倍率  4.5-18倍
チューブ径 30mm
さらにレクティカルはFFPになっております。

付属品はこちら

・説明書
・レンズクロス
・キルフラッシュ
・サイドフォーカス用増設ダイヤル
・マウントリング
・サンシェード
・ゴム製レンズキャップ

フリップキャップは付属していませんので該当サイズを調べて別途購入となりますね。

上下左右のエレベーションはロック機構付きのモデルになります。

調整時はノブを一度引っ張ってから調整となります。

1クリックは1/10MILになります。


サイドフォーカスは

10yds-∞っとなっております。

倍率は4.5-18倍






さて次にレクチルの紹介へ行きますが

先に記載しましたFFPとは?

単純にざっくり言うとスコープの倍率を変化させた時にレクチルが変化して見える物です。
もっと詳しく言うと焦点面が違ってry
っと長くなってしまうのでもっとしっかりと詳しく知りたい方は
Marchでおなじみのディオン光学技研様のページへジャンプしてみてください。
しっかりと記載されてます。※逃げました。
ディオン光学技研 技術情報ページ


ではこのMC-Zのレクチルパターンをご紹介
4.5倍時

9倍

18倍

レクチルの変化がはっきりとわかりますね。
また気になるような歪み等は感じませんでした。

更にレクチル発光も可能です。
発光はダイヤルではなくスイッチになります。

発光にはCR2032電池を使用します。

光量は9段 ※メーカー説明書だと5段調整なのですが・・・
長押し3秒で離すと赤/緑切り替え
5秒で電源がOFFっとなってますが私のは4秒で落ちます。
また発光は全体を光らせるのではなく中心付近が主に光ります。

9倍率 光量最小

9倍率 光量最大


18倍 光量最小 赤

18倍 光量最大 赤


18倍 光量最小 緑

18倍 光量最大 緑

この様になっております。


次に付属品装着

キルフラッシュとサイドフォーカス用増設ダイヤル


キルフラッシュはもちろんそのまま取り付けられます。


対物レンズの光の反射を抑える物ですが、サバゲにおいてはレンズへの直撃弾を防ぐのにある程度役立つのでお勧めです。

そしてサイドフォーカス用増設ダイヤル
スコープ左側についてるノブにハメます。


六角ネジで増設ダイヤルを固定することも可能です。
正直このダイヤルがないと、サイドフォーカスの調整ノブが硬すぎて回し辛いです。
ただダイヤルが大きいので機種によっては増設ダイヤルが干渉するかもしれませんのでご注意を。



以上です。
個人的には特にレンズの不満はまだありませんがただ1点あげるならば
サイドフォーカスノブが硬すぎるって事くらいですね。

価格に関してもこの価格でこれだけのスペックはかなりお安いと思います。
入門にも良いかもしれませんね。


以上

ohhunt MC-Z 4.5-18X44 FFP

紹介でした。




同じカテゴリー(30mチャレンジ)の記事画像
北海道30mチャレンジⅡ
FIREFLY 電気うましか 大トロ !
同じカテゴリー(30mチャレンジ)の記事
 北海道30mチャレンジⅡ (2018-06-26 01:29)
 FIREFLY 電気うましか 大トロ ! (2018-06-23 14:09)

Posted by B・ヤン  at 14:58 │Comments(0)30mチャレンジ

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。