2018年11月17日

続グロック19をホルスターに

昨日の記事からの続編です。
今回は前回やらなかった保持パーツの加工です。



前回抜いたまましましたが改めて紹介です。

サファリ7377は丸のしるしのネジをすべて外します。

+ネジは1本だけサイズ違いますので組込時間違えないように。

本体はあとは開くだけです。非常に簡単です。


さて銃口の保持パーツですが
そのままですとインナーバレルに干渉してこんなに隙間ができます。




インナーバレルに干渉するかしないかのギリギリよりは確実に干渉しない距離が望ましいと思いまして


この部分

先端から7.9mmの位置を削り落とします。

切断面の処理は確実に


切ったら干渉チェック



チェックが済んだら元に戻すだけです。

その後は何度か抜き差ししましたが問題なく使えます。

そしてかなり良い感じで使えてます!



やはりトイガンになるとインナーバレルが最大の難点になりますね。


以上です




同じカテゴリー(マルイ G19)の記事画像
ようやくグロック19をホルスターに入れました。
東京マルイ グロック19 GAS3種作動テスト測定結果
同じカテゴリー(マルイ G19)の記事
 ようやくグロック19をホルスターに入れました。 (2018-11-17 01:07)
 東京マルイ グロック19 GAS3種作動テスト測定結果 (2018-10-31 03:34)

Posted by B・ヤン  at 21:32 │Comments(0)マルイ G19

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。